おやゆび姫  開けば近道が。
2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
開けば近道が。
2012/12/28(Fri)
昔から、本を読むことは大好きです。

でも、多分すごく狭い範囲しか読んでいないので
読書家、ではないと思う。

なんせ、初めて手に取った文庫本は
小学4年生の時に「古典落語」ですからねぇ(笑)

話題の本も、ベストセラーもほとんど読まず、
気に入った作家さんの本を何度も何度も
繰り返し読む派(そんな派あるのか?)なんです。

小学校高学年から中学生にかけては、
ずーっと、星新一さんの本を読んでました。
枕元にずらーっと並べてあって、
毎日毎日寝る前に1冊読むという(^^;
よく飽きなかったなぁと思うのですが。

その合間に、これまた何度も何度も「アンネの日記」を。
この本で「ザワークラウト」を知り、
その味を想像したり、
「ジャムをひとびん・・・」の「ひと瓶」の響きが
なぜか好きで好きで。
短大時代、その話を当時付き合っていた人に
言ったことがあって
ホワイトデーにお財布と、バラのジャム一瓶を
素敵にラッピングして
もらったことがあったなぁ(遠い目)

高校時代は、村上龍と、村上春樹にハマリ、
その合間になぜか世界文学集に目覚めて、
大地、怒りの葡萄、ジェーンエア、嵐が丘などが
お気に入りだったのだけど、
話の内容はほとんど飛んでしまって、
今は大地しか、内容が思い出せないという
お粗末ぶりです。。。

大人になってからは、宮尾登美子さんが大好きで、
育児の合間をみては、読みました。
着物の描写を読むのがとても好きで。
この方のエッセイも、何度読み返したことか。

でも、一番好きな本は、谷崎潤一郎の「細雪」、
という、せまーい読書視野(そんな言葉ないけど)です。


で。


今の家に住むようになってから、
家の隣が市の公民館で、中に図書館があるので、
時々行っては、気になった本を10冊ずつ借りられて、
とっても助かってます。

今まで、何か漠然と困ったとき、
やっぱり本からヒントを得たことが多いので、
迷っているときには本、です。


で、手に取った本に書いてあった言葉が

「 本を読めば 

  そこに近道を行く方法が書いてあるというのに
  
  本を開く時間を惜しんで 

   わざわざ遠回りをしている 」


なるほど。

やっぱり?


今回借りてきたのは↓↓

ワタシ、わりと自己啓発本って好きなんですけど、
結構な確率で

「なーに、キレイ事言ってんだ~」とか

「自分に酔ってません?」

とか思っちゃうこと多々ありで。
(なら、読むなってハナシですが/苦笑)

でも小林正観さんの本は好きかも。

hon2.jpg


そして、↓↓
ものすごく久しぶりに着物関係の本を見ましたが、
帯結びってすごい!!
日本は折り紙文化があるからなのかしら?
帯でこんなことできるの?!?!ということに
結構衝撃を受けたほどの、帯結びの美しさ。

hon3.jpg


で、娘が借りたのがこちら。

何回コンクールに出ても、極度の緊張で、自分のよいところを
出せないうちのお嬢さん。
なにか、ヒントがあるといいね^^

hon1.jpg



++


さて、スマホですが。

相変わらず、ワンセグのチャンネル、変えられません~(><)
目が疲れる~(><)

スクロールしてると酔いそうになる~(><)

便利だけど、ワタシには向いてないような気がする。。。

この記事のURL | ブログ | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

FC2 Blog Ranking
| メイン |