おやゆび姫  三角骨障害。
2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
三角骨障害。
2015/06/24(Wed)


線画アプリというものを見つけまして。

撮った画像が線画風になるんです。

なんか、絵がうまい人の気分になれて
楽しいですよ(’-’*)♪


花のワルツのワンシーン。
1番前が娘です。




最近、息子ばかりブログに登場していたので
久しぶりに娘(笑)





相変わらずバレエ三昧の日々ですが、
やはり三角骨に泣かされています(T-T)


もう何年、痛みと付き合っているでしょうか。

痛みなく、ただ、
踊ることだけに集中できたら、
どんなに良いだろうと思いますが、

仕方ないものは仕方ないのが
悲しいところ。



あ、三角骨障害とは足首のあたりに
余分な小さな尖った骨があって
それが神経を刺激して痛みを発したり、
トウシューズを履いたときに、
乗りきれずに甲が出ない、というものです。


+


『 三角骨障害 』で検索していて
このブログに辿り着いて下さる方も
結構いらっしゃるので
バレエされてるお子さんで、
三角骨障害に
悩まれている方も多いのでしょうね。。



去年の春、大学病院で三角骨障害と
診断された娘。
先生は今すぐ手術しましょう、と。


でもまだその時は14歳。
骨の成長も止まっていないのに、
今すぐ手術?!



それにそもそも、
本当にこの痛みは三角骨のせい?



もともと三角骨がある人もいるそうだから、
今の痛みの原因が三角骨なのか断言できるのですか?



そう言うと、先生はキレ気味に、


うちで三角骨の手術するのは
ほとんど中学生ですよ!
高校生なんてめったにいません!

ブロック注射して痛みがなかったから
この痛みは三角骨が原因に決まっている!

とのこと。


でも詳しい説明もなく
いきなりブロック注射を打った先生に
不信感満載(苦笑)

あの時、私にブロック注射がどういうものか
知識があれば、

それか、

ちゃんと説明があったら断ったのに。



リハビリもしている病院だったので、
足の使い方を変えることで
痛まないようになりませんか?



と聞いた私に


『 そんなのはバレエの先生に聞いて!

なんで手術しないのか理解できない!』



と不機嫌全開の先生。



あーそうですか。


万が一、将来、
三角骨の手術をすることに
なったとしても、
この先生に頼むことはないな。


もちろん、その日限り、
2度とその病院には行ってません。



バレエに特化した治療院や
エクササイズスタジオ、
関西圏でたーっくさん行きましたが、
バレエの先生も含め、

中学生で三角骨の手術した子は
聞いたことがない、

ってどこでも言われました。



なんだったんだ!
うちでは三角骨の手術をするのは
ほぼ中学生しかいない!って
ふんぞり返って言い放ったあの先生は(-_-#)



+



実際に三角骨の手術をした人にも
二人お話を聞けましたが

『よかった』

とは二人とも言ってませんでした。


ひとりは『するんじゃなかった』

もうひとりは『しなくてもよかったかも』


うーん。


色々ネットで調べても、バレエの専門家の先生は
三角骨の手術には否定的な意見の方が
多いように思います。
あくまでも私調べですけどね。。。


有名な京都の病院にも行きましたが、
解決には至りませんでした。
あ、でもとっても美人の素敵な先生ですよ。






手術は最終手段として。


今はとにかく、体の使い方を
基礎からやり直しているところです。


長い道のりですねぇ。



でもまぁ、そんなに好きなことがあるって
それは痛みとは別として、
幸せなことですね。








+

この記事のURL | ブログ | CM(2) | ▲ top
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/02/14 00:30  | | #[ 編集] ▲ top
- Mさま -
ショックなお気持ち、本当によく分かります。娘もあらゆる『スポーツ整体』『スポーツ整形』から、大学病院まで、いろんな医療機関を受診いたしました。もしよろしければ、娘の足についての経緯などお役に立てればと思いますので、

oyayubihime.ribbon@gmail.com

までメール下さいませね。

おやゆび姫

2016/02/14 13:22  | URL | おやゆび姫@miyako #zlAQJbYM[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

FC2 Blog Ranking
| メイン |