おやゆび姫  ものすごく不思議な靴下。
2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
ものすごく不思議な靴下。
2013/02/04(Mon)
先日、娘がリビングの床に落ちていたのを見つけました。

kutusita0204.jpg


な、な、なぜ、これがここに?!?! と、
びっくり!!(゜o゜)


これは・・・


息子が赤ちゃんの時に履いていた靴下なんです~っ!!



そりゃ息子の履いたものなら、
家にあってもおかしくないのですが
我が家の場合は息子が小学校に上がるときに引越しをしていますし、
大事においていた赤ちゃん用品はきれいなものは兄嫁にあげて、
いつのまにかシミが出来たりしていたものは処分したのです。

まして、去年の夏には家中の引き出しという引き出し、
衣装ケース、クローゼットの中も、すみからすみまで
全て片付け、徹底的に使わないものは処分。

子供達の小さな頃の思い出の洋服数点だけを、
2階のクローゼットに箱に入れて大切にしまって、
この靴下はその中に入っていませんでした。



しかも、この日は子供たちが学校に言っている間、
私が大掃除をしたわけでもなく、衣装ケースから
何か洋服などをひっぱりだしたわけでもなく、
ただ、普通にお掃除して、私はリボンを作っていたので・・・


この靴下はどこから来たの?


なぜ、ここに片方だけあるの?!


なぜ、娘が学校から帰ってくるまで私は気付かなかったの?!



ただただ、謎です。




でも。 それにしても懐かしい。


15年前の靴下。



私が通っていた産婦人科は、絶対に性別を教えてくれない病院だったので
産着などは全てクリーム色を買って準備していたのでした(^-^)



こんな小さな靴下を履いていたんですねぇ。。。(遠い目)



++




15年経って、ついに、先日、息子が主人の身長を超しました。

今、173.5センチ。

あと5センチくらい伸びてくれたらいいなぁと思いつつ、
高いところにあるものなど、息子に頼めるようになったことが
不思議な気もします。



そんな気持ちでいた、つい先日。
テレビで短歌が紹介されていて。

河野裕子さんの作品ですが、
思わず涙がこぼれました。

多分、男の子を持つお母さんなら同じなのでは・・・

  ---------------------

   さびしいよ

   息子が大人になることも

   こんな青空の日に

   きっと出て行く

  ----------------------


うぅぅ・・・泣ける(ToT)


そしてもうひとつ。

  ----------------------

   またもとの 2人に戻りて

   たくさんの茶碗と皿を

   背にして食べる

  ----------------------


子供たちが巣立っていき、
子供たちとお食事していた
沢山のお皿がたくさん入った食器棚を背に
夫婦ふたり食べている・・・という光景が
一瞬で浮かびます。。。


もうすぐ息子は15歳。
もし高校卒業した後、遠くの大学にいくとなると
一緒に暮らせるのは、あとたった3年しかないなんて。。。

そう思うと寂しすぎて、泣いてしまうわ(ToT)



・・・。



よし!




車買ってあげるから、

家から通える大学にしぃね♪♪




って言おう(^-^v



と言ったら、主人に 


またそういうこと言う (ーー゛)


と冷たい目で見られました。。。


だってーだってー!!



++



そんな息子は今週末、中学校最後の参観日。

学校からの案内、息子は私に出しませんが
娘がもらってきたのを見て知りましたから


最後の参観日やねぇ~


と言ったら、最後のさんかん・・・の時点で





来んでいいで!! by 息子




って!早っ!!


んじゃ、娘のクラスどの授業を見に行こうかな~と言うと



来んといて。 by 娘




へいへい。わかりました。



そう言われても全然へこたれないのが、
私のよいところです(笑)


んもぅ~お母さんのこと大好きなくせに~
この年齢って、ほんと照れ屋さんで困るわ~(^-^)



あ、 「 キモっ! 」って声が聞こえてきた(苦笑)







◎次回出店イベント◎

2013年2月24日(日)
第22回クチュリエール展
@イオン明石ショッピングセンター
   2番街海の広場
10:00-18:00
※エントリーした時にはまだ「Frorina」
 だったので、Frorinaという名前での
 最後の出店です☆

2013011818080421c.jpg



ぽちっとお願いします(^-^)

人気ブログランキングへ






この記事のURL | 家族 | CM(2) | ▲ top
コメント
- No title -
お久しぶりです。
いつもおやゆび姫さんのブログを読んではホロッとしています。
今日のお話しもすごく気持ちがよくわかるし、
先日の父と娘のお話しもたまらず泣いちゃいました。
(我が家とかなりシンクロしてるんです)
どんどん成長していく子供たち、そして年老いていく両親…
どちらもかけがえのない思い出とともに過ごしてきた大事な人たちですものね。
本当に素敵な家族を築かれていて素晴らしいです(;▽;)
2013/02/05 20:57  | URL | ころん #-[ 編集] ▲ top
- ◆ころんさん◆ -
ころんさん、こんにちは(^-^)
私こそ、ころんさんブログの可愛らしい丁寧に作られた作品の数々を見ては
癒されております。
そして作品づくりがんばろうというパワーを頂いておりますよ^^

親が年老いていくこと、子供たちが大人に近づいていくことに
同時進行であることが、とてもとても戸惑いますよね。
毎日成長している姿を見ているのに、親の心の中では
いつまでも赤ちゃん時代の姿が強烈にインプットされていて
まさか数年後に巣立つ年齢にまでなったことを
頭の中では理解できないような。。。
親の老いも、ほんの数年前までは意識したこともなかったのに
気付けば、娘であったはずの私の方が柱にならなくてはいけないようになって。。
あと10年後、20年後、30年後、我が家はどうなっているのかな?と
最近よく考えます。
父と母にも、後悔のないようにしたい、と思うし、
子供たちと過ごせる1日1にちも大事にしよう~!と改めて思います(^-^)

子供たちが巣立つ日まで、うざがられようとも
世話焼きするぞー(笑)
2013/02/06 17:23  | URL | おやゆび姫@miyako #zlAQJbYM[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

FC2 Blog Ranking
| メイン |